05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

僕が9歳だったころ

2007.11.02 (Fri)

B000GG4E64僕が9歳だったころ デラックス版
キム・ソク イ・セヨン チョン・ソンギョン
カルチュア・パブリッシャーズ 2006-08-25

by G-Tools

なかなか面白い映画でした。
9歳と言えばコニちゃんも9歳。
ついついコニちゃんと重ねちゃったりしてね。
学校での様子とか、実際私がいないところでどんな感じなのかは分からないのですが・・・
コニちゃんがものすごく子どもっぽく感じるのは自分の子だからなのかしら。
9歳の子どもでも色んなことを考え色んなことを思いながらその日その日を大切に生きてるんだなーって、この映画を見て思いました。
子どもの世界ってすごいなーって思います。
すっごく好奇心溢れていますものね。
コニちゃんも、どんどん反発していっつも反抗期みたいな感じだけど、毎日少しずつ成長してるんだなーなんて改めて思いました。

主人公のヨミンは番長で喧嘩もすごく強いんだけど、いじめられっこがいたら守ってくれるすっごく心優しい男の子。
目が不自由なお母さんのためにメガネを買ってあげたくて、内緒で働いたり・・・
9歳だよね?なんて思っちゃうくらい、しっかりした少年でした。

それにしても、今の時代、ヨミンの担任の先生みたいのがいたらかなりブーイングだろうなぁ。
体罰もすごいものがあったけど、子どものことを全く信用しないあの態度。
親の前ではヘコヘコしちゃって、もっとちゃんと子どものことを見てあげて~!と悲しくなりました。

子どもたちが主役ということでしたが、みんな演技力が素晴らしかったです。
スポンサーサイト
16:26  |  韓国ドラマ&映画  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihojs.blog4.fc2.com/tb.php/982-4df2ce0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。