09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

女王の教室「エピソード2~悪魔降臨~」

2006.03.19 (Sun)

一昨日に引き続き、昨日の夜も「女王の教室」を見ました。
グレーの真矢が、どのようにあの鬼教師になっていったか。

それにしても、イジメの場面を見ているのはとても辛かった。
現実問題、あのようなイジメがあるのですよね~。
いじめる側も、いじめられた側も、親が気付いていたかどうかが分かりませんでしたが、そんな時に、親もどのように子供に接していくかを、とても考えさせられました。
「愛情」と「甘やかす」ことがどんなに違うか、ということも考えさせられるものがありました。

親の権力などで子供を動かす、子供も親の権力を使って周りを動かす。
そのようにしてしまったのは、親であり、環境であり、社会であり・・・
宮内くんもきっと行き場のない苦しい思いをしていたのでしょうね。
真矢の言葉の中には、今を生きる私たちに、たくさんのメッセージを残してくれました。
人それぞれの幸せがあるということ。
何故人を殺してはいけないかということ。
人を傷つけたら、必ず痛みがあるということ。

真矢の首下にある傷は、あのような過程でできてしまったことをようやく知ることができました。
かなり顔なども殴られていましたが、顔に傷が出来なくて本当に良かったな~なんて、変なところに突っ込みつつ・・・(笑)
あそこまで酷い怪我を負ったら、警察とかは出てこないのかな?
というか、そもそも川での事故だって、早く救急車を呼ぼうよ!警察は?なんてちょっと思いましたけどね・・・

このドラマ、その後真矢はどのようになっていくのかが気になります。
女王の教室2とかやらないのかなぁ~。
スポンサーサイト
08:05  |  舞台・映画・TV  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihojs.blog4.fc2.com/tb.php/516-0953ee69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

エピソード2。物語の世界は真矢が神田和美の小学校に赴任する前、再教育センター送りになり2年間教職を離れるきっかけを作った事件を起こした小学校。今度は神田和美が卒業する4年前。(以下ネタバレ含む)EP1レビュー「女王の教室EP1~堕天使~」理想に溢れた真矢の過...
2006/03/19(日) 11:00:07 | The Natsu Style

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。