09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

野ブタ。をプロデュース 第8話

2005.12.04 (Sun)

今回は修二の表情がどんどん暗くなっていってしまって、見ていてとっても辛かったですね・・・

犯人が蒼井さんだと分かりましたけど、どうもスッキリしないのが本音です。
何のために、どうしてそこまでするんだろう。
蒼井さんは「影で隠れて全然関係ありませんって顔して。自分の力で人を変えていくのって面白いよね」って言ってたけど、違うと思うんだよな~。
修二たちが野ブタをプロデュースするのと、彼女のプロデュースは全く違う。
「小谷さんには・・・」っていう蒼井の台詞が、頭から離れません。
そこまで思う彼女の心理はいったい・・・???
でもさ、こういうのって人としてどーよ?って感じだよね。
どんなことがあっても、許されることではないと思うんだけどね・・・

放送部がランチタイムを突撃する場面。
彰はきっとまり子のところに野ブタ率いる放送部が突撃することを分かっていたんだよね?
で、もしも一人でお弁当を食べていたら・・・と思ってあそこに行ったんだよね?
そう思うとさ。言葉には出さなくても、すごくすごく心の優しさが伝わってきて・・・彰って本当にいいヤツだよね。

でもさ、修二とまり子の関係にさ。
周りの態度もあれはないよなーと思うんだ。
高校生だよ。高校生でなくたって、男女の関係なんて、いつもいつも複雑じゃん。
「どうしたの?何かあったの?」ってならないクラスメート。
「桐谷ってすっげーうそつきじゃん」っていう冷たい視線・・・

お弁当の件も、クラスメートの喧嘩の件も、
どこかで歯車が合わなくなっていっちゃったって感じだよね。

吸血鬼のお話も、
(「地球上に信じる人が一人でもいれば、いるような気がする。
誰も信じなくなったら、吸血鬼は消えてしまうんじゃないかしら。
・・・本当のことなんて誰も分からない。だったら信じたいほうを選ぶしかないでしょ。」)
ぬかみその場面も、
(「何十年してあけてみたときに、必ず笑って見れるから。」)
すっごくすっごくいい場面でしたね。

「信じれば、どんなことも解決できる。」

「誰にも信じてもらえなくていい。
ただこいつらにだけは信じてもらいたい。今もこの先もずっと。」

最期のほうは、心に留めておきたい台詞がたくさんありました。
信じるって、本当に奥が深い。
信じることで、誰でも悩んだり苦しんだりする。
信じるっていうことの難しさ、人と人のつながりについて、色んなことを考えさせられる回でした。

来週は、蒼井さんが三人に更に接近してくる模様ですね。
何だかな~。この話、どうなっていくんだろう・・・
スポンサーサイト
10:26  |  舞台・映画・TV  |  Trackback(2)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mihojs.blog4.fc2.com/tb.php/392-dc73c030

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

第八話  「いじめの正体」ついに嫌がらせをしていた犯人が明らかになりましたねぇ。やっぱりダーク・ホースの方だったんだ、、、。修二も、悪い時に悪い事が重なってしまい、完璧に四面楚歌状態でした。誰にも話を聞いて貰えない、信じて貰えないと言うのは相当辛い
2005/12/04(日) 13:20:16 | 私的空間.com
ついについに!!!野ブタ。をプロデュース第8話の夜が参りました!!!今回のタイトルは【いじめの正体】。原作では最終段階だった場面です。さぁ~て一体どうなるんでしょうか?!いつも通り、箇条書き+αでご覧ください
2005/12/04(日) 18:53:17 | ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。