04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

メモメモ

2009.03.08 (Sun)

金曜日に友達に会ったときに、言われちゃったんだー。
「どうしたの~?2週間前よりニキビがひどくなってるよ!」って。
そうなのよねー。
先週はファンデーションを塗るだけで、お顔が痒くて痛くて。
昨日はネットで大人ニキビの対処法なんかをずーっと調べたりしてました。
出来そうなことは、ほとんどやってるんだよなぁ。
あとは、ストレスの原因を取り払うこと・・・かしらね・・・
4月になったら少しはキレイになるかな。
今は、色素沈着しないように気をつけなくちゃ。



最近読んだ本。

  
朝日のようにさわやかに朝日のようにさわやかに
恩田 陸

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 237976

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

短編集は難しいね。
なかなか入り込めないうちに話が終わってることが多い。
読み終えるのに時間がものすごくかかりました。


いつか陽のあたる場所でいつか陽のあたる場所で
乃南 アサ

新潮社 2007-08
売り上げランキング : 126452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

刑務所で知り合った二人が、出所後、励ましあいながら生きていくお話。
とても読みやすい本だったけれど、色々と考えさせられました。
この本の感想は・・・難しいね~。どう書いていいのか分からないや。

スポンサーサイト
10:45  |  本だな  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

容疑者Xの献身

2009.02.23 (Mon)

4167110121容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2008-08-05

by G-Tools


面白い!といえば面白い。
結末がどうなるのか気になって、読み出したらやめられなくなりました。
ただ・・・愛している人のためにあそこまで出来るだろうか、
なんてことを考えると、ちょっとそこのところは甘いかな~って思います。
その女性にしても、今ひとつ魅力を感じないんですよね・・・
トリックに関しては、想像もしていなかった点から言うとスゴイ!って思うものもあるんですけどね。
どうして隣に住んでるというだけで、そこまで愛することが出来たのかが分からなくって。
そんなことを考えながら読んではいけない本なのかもしれないですけどね~。

ってわけで、キャラメルボックスの舞台化。
今から楽しみにしたいと思います~♪
19:59  |  本だな  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

直木賞

2009.01.17 (Sat)

最近夜寝る前に読んでいたのが天童荒太さんの本。
・・・家族狩り。
何年か前に読んだんですが、最後まで読めなかったんですよね。(その時の記事
3冊目でやめてしまったんです。
だから最後まで読もうと、また最初から読み直していました。
いや~なんだか重くて。
落ち込んでるときに読むなよ!と思いつつ、更にブルーな気分になったりしていました。

その天童さんの本「悼む人」が直木賞受賞とのこと。
おめでとうございます!

4163276408悼む人
天童 荒太
文藝春秋 2008-11-27

by G-Tools

家族狩りを読み終えたら、この本を読もうと思っていたんですよね。
直木賞受賞とのことで、ますます読みたくなりました。
10:27  |  本だな  |  Trackback(2)  |  Comment(0)

ことたま

2008.08.12 (Tue)

4198625603ことたま
江原 啓之
徳間書店 2008-07-24

by G-Tools

本屋さんへ行ったときに、ふと目に留まったので立ち読みしました。
少し読んだときに、この本は手元に置いておきたいな~と思ったので、そのままレジへ。
最近本は図書館で借りてくることが多かったので、購入したのは久しぶりです。

四字熟語や諺などが100載っているのですが、人生指針、仕事、愛情という3つのテーマに分けてスピリチュアルに解釈されています。
とてもためになる本で、自分の生き方などを深く考えさせられます。
読みながら「こんな人いるな~」などと頭の中にふと職場の人の顔が浮かんだりしてしまいましたが、人の振り見て我が振り直せ、ですね。

江原さんのこの本を購入したのも、きっと今の私に必要だったからなのだと思います。
一気に最初から全部読んでしまいましたが、次は本の冒頭の江原さんの言葉にもあるようにパッと思いつく数字のところを読んでみようかな~と思います。
22:08  |  本だな  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

最近の読書

2008.07.19 (Sat)

今読んでる本が全然進みません。
多分このままいったら挫折かな・・・(笑)

ってわけで、コニちゃんが読んでる本を、私も読んでいます。

4591010139それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)
那須 正幹
ポプラ社 1983-01

by G-Tools

懐かしいでしょ。
でも私、あんまり記憶になくてね・・・
もしかして私、読まなかったのかもなぁ~。


あとは「美女と野獣」。
4812410959美女と野獣 (ディズニー・プリンセス)
川島 幸
竹書房 2003-03

by G-Tools

これは今度コニちゃんも一緒に観劇にいくのでね。
さささーっと読みました。
私、高校生のときにビデオ見たのよね。
バイト先の店長の奥さんが無理矢理貸してくれてさ(笑)。
でも全部英語で・・・わけわからーん!って感じで。
でも最後ウルっとしちゃったのよね~。
観劇が楽しみです。
20:52  |  本だな  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

5年3組リョウタ組

2008.06.15 (Sun)

40487383725年3組リョウタ組
石田 衣良
角川書店 2008-01

by G-Tools

教師4年目の良太先生のお話。
この良太先生っていうのが、熱血先生でね。
実際にこんな先生がいたらいいのにな~って思いながら読んでいました。
・・・そう。実際にはこんな先生、滅多にいないものね。
私は小学校も中学以降も、とにかく良い先生にめぐり合ったことがないからね・・・
(小学校のときは、先生が生徒をいじめて登校拒否が何人も出ちゃったクラスとかもあったなぁ。)
そのせいか、先生ってどうも好きじゃない。
でもね、良太先生は、なんていうか、好きになっちゃうのよねぇ。
私の想像の中での良太先生が膨らむ膨らむ・・・♪♪

話は4つあって、親と子の問題があったり、先生間でのいじめがあったり、見えない学校問題があったり、競争社会の中の子供たちの話があったり・・・
どの話の中にも、ドキリとすることや忘れかけていたことなど、色んなことを思い出させてくれました。
でもね・・・どの話もキレイに終わっちゃってるんだけど、実際はもっと複雑だと思うんですよね。
息子コニちゃんが4年生で学年も近いってこともあって、コニちゃんの学校のこと、クラスのことを思うと、やっぱりねぇ・・・
ま、でも小説ですし、架空の世界なので・・・(笑)

コニちゃんの今の担任の先生も若い2年目の先生。
昨日の参観の様子からも頑張ってる姿が伝わってきました。
コニちゃんはあんまり好きじゃないみたいなんだけどね・・・
それでも、この本の良太先生みたいに良い先生になってほしいな~なんて思いました。
17:19  |  本だな  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。